大学時代は借りられなかったけれど、社会人になって無事にキャッシングできました。

私は大学を出て社会人になってはじめてキャッシングを利用しました。

実は、大学生のときにも、就職活動にかかる移動費や宿泊費が苦しくなってキャッシングを利用しようとしたことが一度あります。

10万円くらいなんとかなるだろう・・・と正直、あまく考えていたのですが、結果は融資してもらえませんでした。

融資できない場合に、その理由なんていうのは教えてもらえないことになっていますから、「なんで自分はダメだったんだろう。」とモヤモヤしたのを今も覚えています。

ちょっと悔しかったので、冷静になって、自分の状況を考えてみると、その当時、私は小さな(従業員5人規模の)アパレルショップでアルバイトをしていて、収入も毎月5万円程度でした。

これだけしか稼げていないし、会社の規模も大きくないとなると、さすがに返済能力がないと見られたのだな、と妙に納得しました。

お金のことで親には頼れない状況だったので、そのときは友人を頼ってなんとか就活を無事に終えることができたのですが、友達にお金を借りるのって、なんだか惨めでした。

社会人になって、地元に帰ってきて、まず驚いたのが、社会人の払いものの多さです。

額面では、それなりの(といっても、二十数万円ですが)給料をもらっていても、健康保険や年金、市民税、県民税などで、5万円ほどお金が持って行かれます。

それから、車のローンがあったり、アパート代であったり、奨学金の返済であったり・・・とにかく、出費が多くて、自動的に手元に残るお金がわずかなものになってしまいました。

それに加えて、会社の付き合いだったり、高校時代の友人との飲み会だったり、そうした出費も多くて、お金のやりくりが大変になりました。

しかも、結婚式も重なったりすると、完全にご祝儀貧乏状態でした。

そんなときに私を救ってくれたのが、キャッシングです。

大学生時代はダメでしたが、社会人になって無人契約機で操作すると、すぐに10万円を融資してくれました。

そこそこ大きい会社に入社していましたから、クビになる危険性も低いですし、返済できると考えてくれたのだと思います。

なんだか嬉しい気持ちになりました。それから、毎月、お金がピンチになるとキャッシングを利用して、乗り切るようになりました。

確かに利息はかかりますが、10万円程度であれば、そうたいした額ではありません。

またしっかりと毎月返済していると信用情報が上がるのか、追加で融資をしてくれるようになります。

私は、今のところ、使っていませんけど、50万円まで借りることができるようです。

これも自分はきちんとした人間だと思ってもらえているという証なので、嬉しく思っています。